総量規制の抜け道は銀行カードローンにあり

総量規制というものがあるのはご存知でしょうか?この総量規制というのは、2006年12月に行われた法改正によって定められた規制で、2010年6月18日から施行された規制の一つになっています。

 

年収の三分の一以上の融資を行ってはいけない。という規制になります。この総量規制が規定されている法律というのは、貸金業法という法律になります。貸金業法で規制を受けているのは、貸金業者、つまり消費者金融や、信販会社などですよね。

 

では、銀行はどうなのでしょうか?銀行というのは、貸金業法ではなく、銀行法という別の法律で規制を受けている金融機関になります。銀行法の規定には、この総量規制に該当するような規定というもはありません。そのため、銀行法で規制を受けている銀行では、総量規制は関係がないということになります。

 

以前はキャッシングといえば消費者金融の方がスピーディーで借りやすいという印象がありましたが、この総量規制の問題から、年収が低い方や専業主婦の方などが借りづらくなってしまったという問題が起こってきました。

 

ですが、総量規制の対象外の銀行でも、消費者金融のスピーディー差に引けを取らない即日融資が可能なカードローン商品なども多くなってきています。この銀行のカードローンは「銀行系カードローン」として、総量規制の抜け道として活用している人も、実は多いそうですよ。

総量規制対象外の消費者金融なんてあるの?

消費者金融の中には、もしかしたら総量規制対象外なので、いくらでも融資しますよ。といった甘い言葉で契約を摂ろうとしているところがあるかもしれません。ですが、実際に総量規制の対象外の消費者金融というのは、法律上では実在しません。

 

この法律上では、という点がポイントになってきます。消費者金融は、貸金業法という法律によって規制を受けている会社です。この貸金業法において、消費者金融は申込者の年収の三分の一以上の融資を行ってはいけない。という決まりである総量規制を受けています。

 

 

利益を上げるためにどんなに融資を行うとしても、総量規制によって年収の三分の一以上の融資を行ってはいけないことになっているんですよね。これを破ると罰則が適用されてしまいます。ですが、この貸金業法という法律を順守していない金融業者というものも、残念ながら存在しています。

 

いわゆる「ヤミ金」と呼ばれている金融業者になります。ヤミ金の場合には、この総量規制だけではなく、ありとあらゆる法律に違反をしている可能性が高い悪質な金融業者です。法律では上限金利などについても規定がありますが、このような法律も無視しているために、法外の金利を請求することも多々あります。

 

取り立てについても、法の規制を凌駕した常識の範囲外の取り立てを行うこともあります。仮に「うちは総量規制対象外だから、いくらでも貸せる」というようなことを言われたら、それはヤミ金ですから、絶対に借りてはいけません。

4ページ表示

#サイト名PRリンク