生活福祉資金貸付制度の審査や必要書類

 

生活福祉資金貸付制度とは、お金が足りなくて生活が困窮している世帯が自立するようにサポートする融資制度です。保証人を付ければ金利は0パーセントですし、保証人がいなくても1.5%と非常に低金利だという特徴があります。

 

主に低所得者、高齢者、障害者を対象にした制度です。審査に関してですが、生活福祉資金貸付制度は、例えば現時点で働いていない場合には失業保険をもらえていない人を救済するという意味合いの制度です。

 

ですから、失業しているのであれば、ハローワークで求職活動をするように指導されたりと、色々な制限があります。キャッシングで高金利を支払いたくないからといって、簡単に借り換えできるような便利な制度ではありません。

 

審査では、一定の返済能力があるかどうかも加味されるため、複数の借金があれば、まず債務整理をするように指導されたりします。複数の借金、依然借りた貸し付けをまだ返済していない、収入がない、収入が低い、年金を受給しているが収入が低いという場合、貸し付けしてもらえません。

 

結局のところ、生活福祉資金貸付制度を利用することは許されず、現状として柔軟な貸し付けを行っているというイメージはありません。

 

必要書類ですが、健康保険証もしくは住民票、世帯の状況が明らかになる書類、連帯保証人の資力が明菜になる書類です、失業中の場合、求職活動の取り組みについての計画書、障害者は、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳などが必要です。

 

 

農協のマイカーローンはバイクローンとしても使えます

 

一般的にマイカーローンやオートローンは、自動車の購入資金を資金使途としている目的別ローンになっています。バイクの場合には、自動二輪になるために、実はマイカーローンやオートローンを利用することが出来ないケースは多く見らえます。

 

ですが、JAつまり農協のマイカーローンの場合には、バイクの購入資金に利用することが出来るマイカーローンになっているんですよ。もし、農協のマイカーローンの利用を検討しているという場合には、まずインターネットで仮申し込みを行うことがお勧めとなります。

 

農協のマイカーローンの仮申し込みは、24時間365日受付なので、利便性がありますよね。ただ、農協は地域によって運営がことなるため、必ずしもお住まいの地域の農協がマイカーローンを取り扱っているわけではないということは忘れないようにしましょう。

 

地域の農協によっても、実は金利が異なります。別の地域の農協の方が金利が安いと思っても、今お住まいの地域の農協からしか融資を受けることが出来ません。農協のマイカーローンをバイクローンとして利用する場合、最大500万円まで借りることが出来ます。担保は不要ですが、農協の所定の保証期間の保証を受ける必要がありますよ。

 

借入の条件としては、前年度の税込み年収が200万円以上で、勤続年数は1年以上の18歳~71歳未満というものがありますので、確認してみてくださいね。

5ページ表示

#サイト名PRリンク